ハワイ旅行09日記 〜最終日:帰国する

  • 2009.07.18 Saturday
  • 17:00
さて帰ろう。
荷造りも完璧。
9日間過ごしたコンドミニアム。別れがたいぜ、なんてこともなく。

精算を終え、クルマに荷物を積み、ホノルル国際空港を目指す。

何度通ったかわからないクヒオ通り、そしてH1を走り。レンタカーを返す。

満タン返しではない。
でも、今回の旅行中、あちこちうろうろしているうちにタンクが空になったので、給油は1回だけした。レインボードライブインの近くのガスステーションだった。なぜだかクレジットカードが通らなくて苦労した。

それにしてもよく働いてくれたクルマだった。

そういえばこのレンタカー、ハナウマへ行ったあたりから「空気圧低下」のアラートが出ていたのだ。パンクしたら怖いなーとか思いながら乗っていた。無事でよかった。

返したときに「ここにアラートが出ててよ」みたいなことを言ったんだけど、係員は「ふーん。で?」みたいなリアクションだった。なんだよそれ。

送迎バスに乗って空港へ、
チェックイン。今度は普通にエコノミー。
まあそうだよね。諦念。

フライトまではまだまだ時間がある。
空港内でビールビール!

空港でビール
↑ビール。

残った小銭で恒例の中華。
決して旨くはない(笑)。

空港で中華
↑中華プレート。山盛り。
 こんなに食えねえって。

3品目プレートを頼んだのに、ハイテンションなおっちゃんが4品とスープまでつけてくれた。なぜだ。

ようやくフライト。
さあ帰ろう!

オアフ、虹の島への旅行、これで4度目になるが、今回は特に楽しかった。

フルにクルマを借りてうろうろできたのが一番大きかったと思う。ガイドブックを見てて、「これ食ってみたいな」と思ったら、酔ってない限りはすぐ出られるフットワークの軽さを得られたから。

あと、余計な荷物を持っていかなかったところも大きい。必要なものは買えばいいじゃん的な心構えで行くと、いろいろ気楽。カバンも軽いし。当初、ピヨは手ぶらで行くなどと行っていたぐらいだった。さすがに最低限の着替えぐらいは持ちなさいよ、と説得して旅に出たっけ。

そんなことを思い返しながら、飛行機の中。
エコノミーですけどね。寝るでもなく、いつの間にか日本へ。
暑い。オアフより全然暑い。なんだよ日本。

スーツケースは宅配しちゃう。面倒だし。
成田からはリムジンバスで帰る。

と、帰宅したらちょうど虹が出ていた。自宅マンションの通路から見た虹。二重になってる。ウソみたいなホントの話。

虹
↑二重の虹。にわか雨が降ったんだよね。
 オアフと似たような天候条件だったんだろう。


これでおしまい。
もう記憶も乏しくて、ざっくりテキトーな日記になっちゃった。
今度旅行するときには旅行記はすぐに書きますよ。


しかしこのあと、驚愕の展開が!

ハワイ旅行09日記 〜第8日:ハナウマ湾へ

  • 2009.07.17 Friday
  • 20:00
明日の昼便で帰るから、実質今日が最終日。

昨日の教訓を活かすべく早起き。
朝飯はテキトーに。スパムむすびとかそのへん。

んでハナウマ湾。
シュノーケリングなどを楽しむ。

ハナウマ
↑ハナウマ湾。
 入場制限されてるだけに人が少ない。

のんびり。
日差しもそれほど強くなく、気持ちよく過ごした。
旅も終わりだねえ。としんみり。

なぜか野生のニワトリがいて、おれたちになつく。

帰りには再びカハラモールへ。

The Counter(ザカウンター)というハンバーガー屋へ。

バンズからパテから挟む物からすべて自分でチョイスするオーダーハンバーガー。

バーガーその1
↑ピヨが頼んだクオーターパウンドの肉とアボカドと焼いたタマネギのバーガー。

バーガーその2
↑おれが頼んだハーフパウンドの肉とタマネギと何かのディップソースのバーガー。

や、旨いけどさ。
なんか逆にめんどくさいわ。ハンバーガーなんてさ、ある程度の定型があって、そこにオプションを追加するぐらいでいい。

早めに宿に戻る。

午後はゆっくりワイキキ散歩。
また来年来たいよね、なんてことを話しながらお土産を買ったりショップをのぞいたり。

オアフに9泊8日の滞在。まあのんびりできたと思う。
ビールもいっぱい飲んだし。B級グルメばかり食ってたけど。

ドレスコードのあるようなレストランには行かなかった。
前回そういうところに行ってかなり失望したのであえて行くこともないかという決断。カネをケチったのではない(たぶん)。その他のところでカネを使うのには躊躇しなかったし。

明日は帰国。


続く。

ハワイ旅行09日記 〜第7日:B級グルメ真骨頂

  • 2009.07.16 Thursday
  • 20:00
前の晩にうだうだと飲みながら、Hanauma Bay(ハナウマ湾)に行ってみたいな、と唐突に同意した我ら2人。
4度目の渡ハで初めての体験なんだぜ。

ハナウマ湾に行く前に、朝飯にはRainbow Drive In(レインボードライブイン)。ロコモコを注文。前に来たときには肉とフライ満載のプレートを食った。朝飯だしね。

ロコたちもたくさん。順番を待っている間、ロコモコのオーダー率高いなあとか思っていると、ロコモコを受け取ったロコたちは、とりあえずふたを開け、その辺にあるソース的なものをじゃんじゃんぶっ込んでいる。チリだったり醤油だったり、マスタードだったり……。なんだよそんなに薄味か?

おれたちの番。

ロコモコ@レインボードライブイン
↑ロコモコ。本日のB級その1。

や、普通にグレービーソースに味付いているし。これになんでいろいろ加えるのかよくワカランわ。

で、ハナウマ湾へ。
……。満車で入れませんとな。
駐車場のキャパで入場制限するという仕組みらしい。なんとまあ。

しばらくクルマを転がしてみる。
……。満車。
そうですか。
今日はあきらめよう。

とAla Moana Beach(アラモアナビーチ)へ。
アラモアナショッピングセンターの南側にあるビーチパーク。浅瀬で水がぬるい。そして意外なことに人が少ない。

よし。昼飯だ。
Wahiawa(ワヒアワ)の街へ。
観光地じゃない。フツーの街。
先日食べて「あれ?」的な味だったサイミンのリベンジ。

Shige's Saimin Stand(シゲズサイミンスタンド)。ちっちゃいドライブイン的なところにあった。観光客なんて誰もいなくて、完全アウェー感漂う昼飯にどきどき。
しかし、若い兄ちゃん店員がとても優しい英語でおれたちに接してくれる。ほうほう。
ま、結局普通のサイミン頼んじゃうんだけど。

サイミン@シゲズ
↑サイミン(スモール)。あれ。旨い。
 本日のB級その2。

先日のサイミンに比べると全然うまい。沖縄そばに近いようなスープに、麺はちょっと幅広くきしめん風のつるっとした感触が。
おいしくいただきました。お兄ちゃんが親切だったので、チップを多めにおいてきた。

次。
シゲズサイミンのはす向かいぐらいにある、Maui Mike's(マウイマイクス)へ。
トリの焼いたヤツしか売ってない店。トリを半身買って2人で食うことに。味はハニーマスタード。うふふ。

店内が混み合っていたので、移動して食うことに。クルマでSandisland Beach(サンドアイランドビーチ)まで。
港湾地帯を抜けたところにあるビーチパーク。
うわー。人がいねえ。若干治安に不安を感じるほど人がいない。
ま、いっか。
ベンチに座って仲良くトリを分け合う。

チキン
↑ハーフチキンコンボ。ハニーマスタード味。
 旨い。コレは旨い。本日のB級その3。

こんがり焼かれたトリなのに、何でこんなに汁汁で柔らかいの? うまーうまーと食べ尽くす。
トリの下には、テキトーに炊いたご飯が敷き詰められているのだが、コレがトリの汁を吸ってまた旨い。

またドライブ。
今度はWard Centers(ワードセンター)で買い物。書店で絵本を買ったりキッチン用品を見てみたり。

で、おやつ。Dairy Queen(デイリークイーン)のアイス。

デイリークイーン
↑チョコソースとナッツソース。
 本日のB級その4。

日本でもたまに見かけるデイリークイーン。新宿にあったよね。あれ、もうない?
ソフトクリームを、ひねらずににょんにょんにょんと積み上げ、さかさにしてソースにぶち込む。ソースはパリパリに固まる。旨い。しかし甘い。こりゃ太るわ。

このあと、アラモアナセンターで買い物をして宿に戻る。

晩飯の記録は残っていない。



続く。


ハワイ旅行09日記 〜第6日:ダイアモンドヘッド登頂

  • 2009.07.15 Wednesday
  • 09:30
朝飯は、The New Otani Kaimana Beach Hotel(ニューオータニカイマナビーチホテル)にある、Hau Tree Lanai(ハウツリーラナイ)にて食らう予定。

カイマナビーチホテルは、ワイキキのビーチ側、端っこにあるホテル。
宿からビーチを経由して、やや遠回りぎみに歩く。朝日が気持ちいいのう。

その途中にあった銅像。

サーフィンする少年
↑「サーフィンをする少年」像。
 デューク・カハナモクかと思いきや関係ないらしい。
 オッサンに見えるが、少年なのだ。

着いた。
ホテル1階にある、やたら大きな木があるレストラン。店員はオッサン。

エッグベネディクト
↑エッグベネディクト。旨い。

エッグベネディクトその2
↑ベーコンをつぶして焼いたの(正式名称知らぬ)が付いてるタイプ。旨い。

堪能。旨かった。

端末
↑カイマナビーチホテルにあったインターネット端末。操作はしなかったけど。おもしろいなこれ。

今日のトレッキングはDiamond Head(ダイアモンドヘッド)だ。毎度恒例。登るのはこれで3度目だけれどオアフに来たら登らざるを得ない。

しかし、ちょうど登るのが正午前といういちばん日差しの強い時間帯になってしまった。

ピヨは当初、タンクトップのまま登ると言っていたのだが、この日差しは危険だと説得し、ABC(コンビニ)でテキトーなTシャツを購入して無理矢理着せた。

そしてもちろん水は忘れない。初めて登ったときには、うっかり水を忘れてしまい、本気で生死の境をさまよった。

で、到着。
やー。死ぬかと思った。今回のトレッキングの中では一番厳しいんじゃないのかという。

ダイアモンドヘッド
↑頂上からワイキキを望む。

ダイアモンドヘッドから見る海
↑海。キレイだなー。

往復で楽々2時間ぐらいかかっちゃった。
汗だくだく。

帰りに、ドン・キホーテ近くのTae's Teppanyaki (タエズテッパンヤキ)に行く。ステーキ(スパイシー)を購入。

タエズテッパンヤキ
↑これ、絶品。
 カヘカのドン・キホーテに行ったら近所のこの店を探すべし。

ステーキ、といっても肉は薄切り。この薄切り肉でジャガイモの細切りをくるりと巻いて焼いてある。ジャガイモの火の通り加減が絶妙で、非常にうまいB級グルメ食品。

いったん宿に帰り、ステーキを食らって昼寝。
かなりやられた感じで2人とも無言。軽めの熱射病というところだろうか。

夕方からワイキキ散歩。
ぐるぐるあちこち回ってお土産候補などを探す。

先日エビにやられたにもかかわらず、ワイキキの街中、クヒオ通りの謎の空き地にあるエビ屋台Blue Water Shrimp&Seafoodでガーリックシュリンプを購入。

ビールとともに食らう。
あ、例の王冠に「Aloha」登場!

そろそろ旅も終盤だなあ。



続く。



ハワイ旅行09日記 〜第5日:マカプー岬トレッキング、カイルアビーチでこごえる

  • 2009.07.14 Tuesday
  • 22:00
まずはiHOPで朝飯。
基本的に普通のファミレスだけど。
盛りはアメリカン。

iHOPモーニング
↑モーニングセット的なもの。朝から濃い。
 このほかにパンケーキが。

iHOPオムレツ
↑オムレツ的なもの。卵何個よ?

本日もいきなりトレッキング。
なんでおれたちは海にも行かずトレッキングなどをしているのか。謎だ。

本日のトレッキングは、Makapuu Point Trail(マカプー岬トレイル)。かわいい灯台を目指して山を登る。

マカプウトレイルその1
↑荒涼としている。マカプートレッキングの入り口。

マカプウトレイルその2
↑海がキレイ。

冬あたりで運が良ければザトウクジラが見えるというが、夏だし。どうせ運もないし。

マカプウトレイルその3
↑灯台がちらり。

灯台を目指しているはずなのに、灯台には直接たどり着けないという理不尽。
とりあえず岬の頂上を目指すしかない。

マカプウトレイルその4
↑岬の頂上までたどり着き、さらにガケを登ってみた。
 灯台は頂上にあるわけじゃないのね。

続いてはKailua Beach(カイルアビーチ)。オアフの中でももっともキレイだと言われているビーチだ。

カイルアビーチ
↑カイルアビーチ。砂が白い。ワイキキとちょっと違う雰囲気。
 なぜか巨大な流木がそのままになっている。

水遊び程度パシャパシャする。
と、……寒いんですけど!
ここは西風が強いスポット。もうピューピュー吹いてる。
日が陰ると一気に寒い。南国なのに鳥肌。乳首もカッチカチだ。

そんなわけで海遊びよりもひなたぼっこがメインとなった。
あったまって終了。

本日の大型スーパーはKahara Mall(カハラモール)。
なんだかハイソな雰囲気。

モールにあったアップルショップで大して意味もなくiPhoneのケースを買う。
iPhone 3GSも売ってたけど、帰国して買うつもりだし。ってここじゃ買えないし。

宿に戻ってビールを飲んだくれて寝る。
今日はさっくり終了。



続く。

ハワイ旅行09日記 〜第4日:モクレイアビーチ、ワイメア渓谷トレッキング

  • 2009.07.13 Monday
  • 22:00
このままオアフの西側まで行ってみよう。
とクルマを走らせる。

Mokureia Beach Park(モクレイアビーチパーク)へ到着。誰もいねえ。オアフの最北西にあるビーチ。海の色が違うのね。

モクレイアその1
↑ワイキキとは海の色が違う。

モクレイアその2
↑誰もいねえ。

この辺は「Lost」のロケ地だったって? へー。……見たことないんだよね。なので特に感慨はない。

ここからトレッキングに出るコースもあるんだが、今日は見送り。海をぼーっと眺める。

小さな空港があって、たまにスカイダイバーを乗せたとおぼしきプロペラ機が離陸していく。

再びHaleiwa(ハレイワ)の街を通って今度はWaimea Valley(ワイメアバレー)にトレッキングに向かう。

途中のビーチパーク(名前失念)で人だかり。なんだなんだ土左衛門か、と思ったら、ウミガメが上陸するところだった。

カメ
↑人がいっぱいでウミガメもめんどくさそう。

小一時間観察していたが、カメは波打ち際でちゃぷちゃぷしているばかりでなかなか上陸しない。見切りをつける。

ワイメアバレーへ到着。
トレッキング、のつもりだったけど普通に自然公園のようだ。完全に整備されてる。
入り口で2ドル払う。なんだよ金取るのかよ。

ここにも日本人はいない。物好きはおれたちぐらいなもんだ。
オアフの植物を見ながら、キレイに舗装された川沿いの道を歩く。
トレッキングとは名ばかり。ホントにただの散歩。

目標はワイメアの滝。
あっさり着いた。

ワイメアの滝
↑滝。

ここでも泳げるんだね。
水質的に泳ぐのはやめておきたいものだが……。

クジャク
↑クジャクの親子がいた。

のどかな公園だった。……帰ろう。

帰りはDole Plantation(ドールプランテーション)でパイナップルアイスを食って帰る。

2003年(初オアフ上陸)に来たときと建物の中身が全然違ってた。
阿漕な商売には変化はなかったけど。

パインアイス
↑パイナップルアイス。
 閉園間際だったのでアイスを食っただけ。

宿に帰る。
今日は長い1日だったなあ。




続く。



ハワイ旅行09日記 〜第4日:モアナルアガーデンパークとサイミン

  • 2009.07.13 Monday
  • 12:00
H1に乗ってドライブ。

MOANALUA Gardens(モアナルアガーデンパーク)へ行く。
日立の樹があるところね。

日立の樹
↑日立の樹。
 モンキーポッド(アメリカネムノキ)だって。

公園をぶらぶらする。
誰もいねえ。いや、いた。

公園の池のそばで、日本から移民してきたというおばあさんと話す。
淡路島で生まれたというが、日本語は話さない。わかりやすい英語で話しかけてくれる。

池にいるアヒルやカモに、週に何度かこの「コイのえさ」をやりに来るのだ、と言っていた。その目の前には「Don't Feed」のカンバンが立ってるんだけどね。
今の時期日本は暑いのかとか、ハワイは楽しいか、といった話をした。
じゃあね、と別れる。おばあさんの元にはアヒルやカモがぐわぐわ群れていた。

Pearl City方面へ。ホノルル国際空港のずっと西。
ここのWaimalu Shopping Center(ワイマルショッピングセンター)へ行くのだ。ショッピングセンターっていうよりドライブイン的な感じ。

ここにSaimin(サイミン)の店がある。
サイミンていうのは、ハワイ流のラーメン的な食べ物。ロコのみなさんが大好きな麺類、ということで、日本代表麺類大好きなおれとしては食わないワケにはいかないマストフードなのだ。

ショッピングセンター内のShiro's Saimin(シロズサイミン)へ。
サイミンだけでエライ種類があるんだけど、ごくごく普通のサイミンを頼んでみる。

しかし店内に観光客いねえ。そもそもショッピングセンター自体がローカル向けの感じだし。観光客丸出しのおれたちって浮いてる? あ、できた。

サイミン
↑サイミン。……えっと。

念願のサイミン。なのだが。正直ビミョー。旨い? と問われれば答えに窮する。

薄い出汁、もさもさでカンスイ臭が残りまくりの麺、あり得ない食感と香りのするチャーシュー。謎の卵焼き。ネギ、これほんとにネギ?

周りのロコたちは旨そうに食っている。あ、あそこのオッサン、醤油をダバダバ追加してる! おれも、と思ったけどやめた。

そのまま食って、完食。
いやあ、どうだろう。ちょっとニヤリとしちゃう感じ。
ピヨは残してた。残りはおれが食った。でもチャーシューだけは食えなかった。
ホントね、あり得ない肉の味がするの。なにこれどこのケダモノ? 鹿? バッファロー? みたいな。

食い終わって、ショッピングセンター内をうろつくこともなくまた移動開始。

このままオアフの西側まで行ってみよう。


続く。


ハワイ旅行09日記 〜第4日:復活の朝、チャイナタウンへ

  • 2009.07.13 Monday
  • 09:00
復活。
旅行先で休養をとるとはなんたる不覚か。

しかし丸一日寝ていたおかげで、だいぶ元気になった。

よーしがんばっちゃうぞ。
朝飯を食いにチャイナタウンへ。

チャイナタウンはホノルル中心部の外れにある。ワイキキの反対側。

早朝からDim Sum(点心)を提供しているやっているTai Pan Dim Sum(大班点心)へ。

おなかに優しい朝がゆとシューマイ的なものをいただく。

朝粥
↑朝粥。トリの出汁がきいていて旨い。

シューマイ的なもの
↑でかいシューマイ的なもの。旨い。

元気ならもっと食えたとは思うのだが、いかんせん病み上がり。それでもシューマイは大きいし、粥も土鍋たっぷりだ。満腹。

しかしこの店、朝から(来店したのは8時ぐらい)ひっきりなしに客が来る。店内では朝飯を食う人々、朝飯なのか昼飯なのか知らないが弁当を買っていく人々。やっぱり中華系の人が多い。

ちなみに日本人観光客はおれたちだけだった。
ま、なんとかなるもんだ。

よし、調子が出てきたぞー。

早朝のチャイナタウンを歩く。
ここはディープだ。夜は無理そうな店がたくさん。そしてなぜか散髪屋が多い。

朝なのにバーが開いてる。開けっ放しのドアからのぞいたら、ビリヤード台で玉を撞いているガチムチの現地人と目が合う。うわー。
そそくさと立ち去る。

散策後、チャイナタウンの隣にある「ハワイ出雲大社」へ。ホントに日本の出雲大社の分社である神社だ。

日本を出発する前に「モヤモヤさまぁ〜ず2」を観て、このハワイ出雲大社の存在を知った。

出雲大社
↑大鳥居。普通に神社。手水もある。

ヌシカンのクルマ
↑神主さんのものと思われる自動車。
 ナンバーが「IZUMO」。かわいい。

お守り
↑お土産で買ったお守り。かわいい。

祈願の甲斐あってか体調ほぼ回復。
午後の部へいってみよう。


続く。




ハワイ旅行09日記 〜第3日:倒れる!

  • 2009.07.12 Sunday
  • 17:00
昨夜、晩飯を食ってビールを飲んで、

「いい気分、うふふふ……」

という感じだったのが、唐突に、

「いい気分じゃない、うううう……」

という感じになり、リバース。
まあゲロったってことなんですけどね。
昼に食ったマナプアの赤いチャーシューがそのまま出てくるほどの大量リバース。

飲み過ぎたのか?

とか思って就寝したら、深夜になって今度は腹痛。
イタイ痛いいたい……で下痢。そして嘔吐。
上から下からで寝られない。
1人窓から見るオアフの夜景が涙でにじむぜ。おっとうんこうんこ。ふー。あ、リバースリバース。みたいな感じで一晩中起きていた。

今回の旅行のスタート時点からくたびれていたのは事実だけど、ここまで具合が悪くなるとは予想しなかった。

もうひとつ心当たりが。

もしかしたら、ノースで食べた1パウンドエビじゃないのか。
でかい故に頭方面にはほとんど火が通っていなかった。そこからナニモノカが……。

1パウンドエビ@ロミーズ
↑例のエビ。頭とハサミはレア。
 よく見ると紫色じゃん。

ピヨとおれとで食っているモノはほぼ同じだけど、1パウンドエビはおれしか食っていない。

ともかく、起きたとたんもうカラダが動かない。
出し尽くしたか嘔吐も下痢も止まった。ただ脱水状態気味。

本当はまたノースに行ってHulihuli Chicken(フリフリチキン)を食う予定だったのに。

朝飯はパス。
気温が上がりかけた10時ぐらいになってビーチへ。
海へは入らないで、たまに水分をとりながらひたすら寝ていることに。
ピヨはなにか本を読んだり、水遊びをしたりしているようだった。スマン。相手はできない。

暑いのに汗ひとつかかない。

昼飯もパス。
夕方手前ぐらいまで、本気で寝ていた。
日差しの暖かさ(ホントは暑い)が心地よかった。

夕方からは部屋で寝る。
なんぼでも寝られるなしかし。

晩飯は何を食ったか記録されていないし覚えていない。


そんな感じ3日目は終了。


続く。


ハワイ旅行09日記 〜第2日:マノアの滝へ行く

  • 2009.07.11 Saturday
  • 17:00
本日はManoa Falls Trail。
マノアの滝を目指すトレッキングだ。

そもそもなぜオアフに来て海に行く前に山へトレッキングなのか。理由はよくわからない。
まあいいじゃないか。

マノアはワイキキの北側にあって、ハワイ大学がある地域。さらにその奥に森があり、川沿いに進んだところに目的のマノアの滝がある。

ほんの2kmぐらいのトレイルなんだけど、ジャングル風味の森をなかなかな勾配で登っていく。

しかもマノアにはすぐに雨が降る。ゆえに空気も地面もジットリとしたトレッキングコースになっている。

今日もマノア地区に入ってからは降ったりやんだり。気温が高いからとても蒸す。

クルマでライアン自然植物園を目指すと、途中にトレッキングコースへの入り口がある。コース脇にはちゃんと管理人がいる駐車場がある。20ドル取られるけど、人がいるからちょっと安心。そこにクルマを止めて出発。

マノアの滝入り口
↑入り口。

マノアの滝倒れる木
↑入り口から入ってすぐに倒れている木。
 いきなり不安になる。

トレッキングコースとして整備されているので、一応歩道的なところはあるのだけれど、ほとんどぐちゃぐちゃ。泥だらけになる。

マノアの滝ジャングル
↑こんなところをモリモリ歩く。

一昨年は、なぜかオアフで合流した某編集者U氏(オアフ一人旅)と一緒に歩いたなー、なんてことを思い出しながら、どろどろの山道を登っていく。

マノアの滝川を渡る
↑川を渡る。

日本人とはほとんど会わない。その代わり、子供を連れた外国人(まあいまはおれたちが外国人だけど)とすれ違う。多くの人がすれ違いざまに挨拶してくれるからテキトーに挨拶する。

マノアの滝シダ
↑シダ植物。ジュラ紀か。

マノアの滝植物
↑こんな植物があったり。

1時間程度歩いて、目的の滝に着いた。

マノアの滝ゴール
↑マノアの滝。ちょぼちょぼ流れてる。

実際のところ、たいした滝じゃないんだけどね。登った充足感はある。

下る。
下りのほうが怖い。足下が悪いから滑る。

何とか下山。

帰りにはManoa Marketplaceへ寄る。ここにはManapua(マナプア)を売る店、その名もIsland Manapua Factoryがある。

マナプアってのは、ようは肉まん。
蒸したのと焼いたのがある。
ここでは日に2000コも売るんだそうだ。人気なのね。若干並んで買う。

宿に持ち帰り、ドロドロをシャワーで洗い流してからラナイで食べる。

蒸しマナプア
↑蒸したの。赤いチャーシューが入ってる。

焼きマナプア
↑焼いたの。ハムとチーズが入ってる。

蒸したののほうが旨い。

休憩したあと、夕方前にWal-Mart、Safewayなんかに行って晩飯を購入。

ポキ
↑今日のポキ。旨いけど薄味だった。
 買っておいた醤油とワサビを追加して食う。って普通に刺身じゃん。

つつがなく1日が終わる、と思いきや!

おれに異変が!


続く。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Amazonおまかせリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM