Windows 10+Office 2013で不可解な現象が発生した件

  • 2015.10.30 Friday
  • 04:19
ワークマシンをWindows 10にしてしばらく経つわけです。特に問題も起きず、まあこのまま使い続けようというハラも決まりました。

ハラが決まったついでに、そろそろOfficeも新しくすっか、と思ったのです。新しく、とはいってもOffice 2013ですけど。

長いことOffice2010を使っていたのですが、10月17日だかでメインストリームサポートが終了したんですよね(ちなみに2020年まで延長サポートがある)。2013はライセンスは持っていたので、じゃあそろそろ、と思った次第。

そしてOffice 2010→2013のアップグレードインストールは無事完了したのですが、ここで不可解な現象が。「すべてのアプリ」にインストールされたはずのOfficeアプリがちっとも表示されないのです。もちろんアップグレード前にはフツーに表示されていました。

ファイルの関連づけは問題なく、たとえばWord文書(拡張子.docx)をダブルクリックするとつつがなくWord 2013が起動してファイルを開けます。これはなんぞや、と思って調べたら衝撃の事実が。

「Windows 10で、すべてのアプリ一覧に512個を超えるアプリがある状態でOfficeをインストールするとOfficeショートカットがアプリ一覧に表示されない」とあります(マイクロソフトサポート)。

またまた〜、と思ったのですが、サポートページにはインストールされているアプリの数をカウントする方法が示されていました。それに従って、PowerShellから「Get-StartApps | measure」とコマンドを入力してみます。すると驚愕の事実が。
 

 
 
_人人人人人_
>   612  <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄


612。そんなにアプリがインストールされていますか? そうですか……。確かにWindows 7時代から非常に安定してきたこのワークマシン、すでに5年ぐらいは使い続けています。なのでアプリもそれぐらいインストールしている、気がしません。しかし事実なのでしょう。

Microsoftのサポートページにはバグだとかそういうことは書いていないので、「仕様」なのでしょう。ちょうど打ち合わせがあったので、編集者のヒトにこの話をしたら「普通は起きっこないですよね」と言われました。そ、そうですよねー。と言うしかないワタシでした。

解決方法は、関連づけされたファイルからOfficeを開いて、それを「ピン留め」するしかないそうです。なんということでしょう。

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Amazonおまかせリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM